補強土工法(補強土ハイブロック工法)

工法の概要

ハイブロック工の特長を最大限に生かした工法です。
擁壁工指針の”自重=本体(躯体)+裏込め土 は各種補強土壁工法で採用されている考え方です。
この考え方をハイブロック工に採用した工法が、補強土ハイブロック工です。
擁壁体全体の安定性の照査は、ハイブロック工と同じです。
部材の照査は、ブロック部(ハイブロック部)の安定性の照査、即ち各層間の摩擦力と水平分力の関係性の照査です。ハイブロック工の内部安定照査と同じ手法です。

工法の特長

軽量でコンパクト

ハイブリッドセル200R3、約0.15m3でハイブロック1.0直㎡が施工できます。重量は10kg/直㎡と軽量です。

簡単で安全な施工

ハイブロックは”畳まれた”状態での搬入です。現場ではハイブロックを展開仮枠に掛けて指定寸法に展開します。
展開仮枠ごとハイブロックを現場の所定位置に設置します。
バックホウ等で決まった中詰材を充填し、ランマー等で十分に転圧・締固めして、1段終了です。
補強(疑似)部の裏込め材も同時施工です。(1段ごとの締固めは同様です)
この作業の繰り返しで擁壁体は出来上がります。
概ね1.0m毎に補強(疑似)部ハイブロックにブロック部ハイブロックと接続して、同じ手順で施工します。

ハイブロック工は順次上方に施工し、下部ハイブロックは上部ハイブロックの”作業足場”となるので、高所作業でも転落防止手摺で安全は確保できます。

発生土の有効利用

補強土ハイブロック工(ハイブロック工を含む)は、埋戻し土の粘着力に期待しない工法です。
一般の補強土壁工法では埋戻し土に”改良土”は、引抜け抵抗力が期待できなくなるので使用できません。
裏込め土を改良できる補強土ハイブロック工では、現地発生土の利用関する制限が低くなりました。

施工手順

補強土ハイブロック工 施工手順

施工写真

補強土ハイブロック工
補強土ハイブロック工

セル式

補強土ハイブロック工

ジオグリッド式

施工事例や設計・施工指針、技術資料、施工報告書、CADデータ等が必要な場合は弊社までお問合せください。

補強土ハイブロック工法

施工実績